Historyペキニエヒストリー

若くして時計製造の世界に入ったエミール・ペキニエは自身の生まれ故郷であるフ ランス モルトーに工房を構えると、その類まれな才能をいかんなく発揮しました。
世界で初めて主に医療用に使用されるステンレススティール(316L) を時計界に導 入、そこにダイヤモンドをセッティングするアイデアを取り入れた先駆者であり、そ の大胆な創造性で数多くのレディースウオッチを生み出していきました。事実、レ ディースウオッチ部門において5回のカドランドール(金の文字板)賞を授与してい ます。 特に1984年に発表されたモーレア コレクション、1990年に発表されたアテラージュ コレクションは一世を風靡し、<ペキニエ>はエレガントな女性達から愛されるブ ランドとなっていきました。 また、エミール・ペキニエはオリンピック馬術競技に出場する馬を調教する有名な 調教師だったため、<ペキニエ>は1980~1990年代に乗馬界でも多くの名声を得 たブランドとなりました。
2000年、エミール・ペキニエは引退を決意。彼の30年にわたる情熱と信念によって、 <ペキニエ>はフレンチ エレガンスという素晴らしい特徴を持つジュエリーウォッチとの評判を得ることに なったのです。
その後、<ペキニエ>を引き継いだ新たな経営陣は自社ムーブメントの開発を始 め、2011年には今までの概念を覆す画期的な完全自社開発ムーブメントCalibre Royal(カリブル ロワイヤル)を搭載したマニュファクチュール コレクションを発表し、 1970年代にクオーツ ショックによって絶えてしまったフレンチマニュファクチュール の復活を宣言しました。
それと同時にエミール・ペキニエのDNAを引き継ぐコレクションの強化にも着手しま した。2014年には“トロカデロ”、“オデオン”、“ラヌラグ”そして“エレガンス”と一気 に4つの新コレクションを発表、2016年には馬具のハーネスをモチーフにした“アテ ラージュ”も復活させました。
<ペキニエ>はフランス時計製造の伝統を引き継ぐとともにフランス唯一のマニュ ファクチュール メーカーとして独自の道を歩み続けます

フランス無形文化財企業

<ペキニエ>はフランス経済産業雇用省から、「Entreprise du Patrimoine Vivant (EPV)」の認定ラベルを付与されています。

EPVとは「名高い、あるいは古くから受け継がれた稀少なノウハウによって構成され、伝統的技術あるいは一定地域に根ざした高度な専門性の熟練に基づく経済的文化財を有するフランス企業」を無形文化財企業として認定するものです。
エミール・ペキニエ氏がフランス モルトーにウオッチ ブランド<ペキニエ>を創設
1973
1984
後のブランド アイコンとなるモーレア コレクションを発表
馬具の鐙をモチーフとしたエキウス コレクションを発表
1987
2004
スイス マニュファクチュール ウオッチ ブランドで経験を積んだディディエ・レイブングット氏がCEOに就任
自社開発工房を設立
2006
2011
完全自社開発ムーブメントCalibre Royalを搭載したマニュファクチュール コレクションを発表
ローラン・カッツ氏がCEOに就任
2012
2014
エミール・ペキニエ氏のDNAを引き継ぐ4つのコレクション、“トロカデロ”、“オデオン”、“エレガンス”、“ラヌラグ”を発表
<GMT>、<デイ&ナイト>と新たに2つの機能を追加した新Calibre Royalを発表。また、当時一世を風靡した”エキウス“をリモデルし新コレクションとして発表
2016